NanoMedic

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

細菌・ウイルス

誰もが一度は見た事がある、

長いクチバシが特徴的なこのマスク。

IMG_8212

これはペストマスクと言い、
ペストが流行した際に
治療にあたった医師たちのマスクです。



ペストは、
今までに複数回の世界的大流行が記録されており、
特に14世紀に起きた大流行では、
全世界で1億人が死亡したと推計されるほどの
恐ろしい伝染病です。

IMG_8213


そんな恐ろしいペストに対抗するため、
医師達が用いていたペストマスク。


クチバシの中には何が入っているか
ご存知でしたか?

FullSizeRender



★ペストマスクの中身

その中身は、香りの良いものです。

E3E83631-EB0B-4030-AC2C-DDA59349B4DA


ミントバームバラの花びらなどの
ハーブが入っていました。


「んー!😉
治療中もいい香り!!」

IMG_8214


となる為ではありません。



「そんなものでペスト菌の感染を防げないだろ」
と現代の多くの人が思うように、

このペストマスクをつけていた多くの医師が、

ペストに感染し亡くなりました。



なぜ、効果のないハーブでマスクを作っていたのでしょうか。

★瘴気説

ペストマスクは、
17世紀にフランスの医師シャルル・ド・ロルムが考案したとされています。

IMG_8215


シャルル・ド・ロルムは多くのヨーロッパの王族を治療した、いわゆる名医でした。



そんな名医が、効果のないペストマスクを考案してしまったのは、

感染症は細菌によって起こされる(細菌説)

という現代の常識が当時にはなかったからです。

IMG_8216



当時は、瘴気説と呼ばれる

何らかの原因によって汚染された空気(瘴気)に、ヒトが触れることによって病気になる

という考えが一般的でした。



だから、瘴気を消すためにハーブを用いたと言われています。



細菌説が唱えられ始めたのが19世紀からなので、
17世紀に効果の薄いペストマスクを作ってしまったのも致し方がない事です。



そんな19世紀は麻酔がなかった!?
麻酔無しの手術について書いてます〜




 

新型コロナウイルスが
指定感染症」になりました。
IMG_7859


●指定感染症とは

感染症法では以下の様に定められています。

「指定感染症」とは、既に知られている感染性の疾病(1類感染症、2類感染症、3類感染症及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)であって、第三章から第七章までの規定の全部又は一部を準用しなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるものとして政令で定めるものをいう。

分かりにくいので噛み砕くと

感染症法で未指定の感染症で、蔓延すると危険な場合は、一定の期間に限り患者の行動を制限するなどの措置を行えるようになるもの」



これでも分かりにくいので、ざっくりポイントを抽出していきます。


●対象となる感染症
感染症法では未指定だが広がると危険な感染症
IMG_7860



感染症法は、様々な感染症を
感染力など危険性に応じて1~5類に分類しています。

1類感染症には、エボラ出血熱ペストなどで感染力や重篤性が極めて高いものが分類されています。

2類感染症には、新型コロナウイルスと同じコロナウイルスであるSARSMERSなどが分類されています。いずれも感染力や重篤性が高いものです。


指定感染症では、上記のような感染症法に指定されていない感染症が対象となります。



●何が変わるか
強制入院が可能になる
IMG_7861


上記の1類、2類感染症では、患者に外をふらつかれてウイルスをばら撒かられると困るので強制入院させることができます。

また、一定期間仕事をさせない就業制限の規定もあります。


指定感染症になると、同様の対応が可能になります。


●その他
期間は1年以内

強制入院などは人権の観点から、指定感染症の運営には慎重になる必要があります。

指定感染症の期間は1年以内が原則です。

しかし、必要ならばさらに1年延長できます。

さらに必要ならば、1類〜5類感染症のいずれかに分類されることになります。




世界で一番人間を殺している動物は何でしょう?


人間
、、、みたいなブラックジョークではありません。



正解は、

IMG_7396



です。
IMG_7397


2014年調べだと、1年間で

720,000人

の方が、蚊によって殺されています。




ハマダラカが媒介するマラリア

を始めとした、

デング熱ウエストナイル熱などの疾患が

死因になります。


あんなに小さいのに恐ろしいですね!

2位以下は

人間 475,000人

ヘビ  50,000人

イヌ  25,000人

・・・・

2位と3位の壁がデカい!


★他の動物に関する記事はこちら






子宮頚がんの予防法として知られている

HPVワクチンですが、

男性にも使われるって事を知っていますか?
IMG_7359


子宮頸がんの原因となりワクチンで対策する

ヒトパピローマウイルス(HPV)

は男女関係なく感染します。

IMG_7360


このウイルスは子宮頚がんの他に

尖圭コンジローマ、喉頭がん、肛門がん

などの原因になります。


こういった疾患に対する予防法として、
男性でもHPVワクチンを打つ方がいらっしゃいます。


米国では男児への接種も推奨しているようです。


日本は、副作用疑惑問題などでHPVワクチンの普及が絶望的に遅れています。
早く普及する日が来るといいなぁ。

胃がんの99%はピロリ菌が原因だ

と知られるように
胃がんとピロリ菌の関係は強いものです。

IMG_7343



そんなピロリ菌ですが

日本のピロリ菌は胃がんになるリスクが高い

と言われています

IMG_7347


日本と同様にピロリ菌を持っている人が多い
欧米やアフリカ諸国の胃がんを患う人は、
日本と比べて非常に少ないです。


近年の研究では

ピロリ菌は、
病原性を持つcagAという遺伝子が作るタンパク質を
胃上皮細胞に注入して癌を起こす

と考えられています。
IMG_7345



欧米人から分離培養されるピロリ菌の約3割には、cagA遺伝子がありません


しかし、日本から分離培養されるピロリ菌のほとんどがcagA遺伝子を保有しています


★遺伝子の話で関係ある記事はこちら



地域によってピロリ菌の種類が異なり、
それにより胃がんの罹患率が変わるんですね。



ということで、
特に日本人はピロリ菌に感染していないかのチェックに気をつけましょう〜
IMG_7344

↑このページのトップヘ