偏差値28からの医学生

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

医療系の知識

お酒はお好きですか?
IMG_7428

僕は酔いやすいのであまり量は飲めませんが、
梅酒を飲むのが好きです。

梅酒
ワインブドウ
が原材料ですよね。


ところで
人糞を使ったお酒
があったって知っていましたか?
IMG_5609

(医学系に関してのみ記事にする方針ですが、
これも一応薬用酒なのでセーフ)


そのお酒は
トンスル
といい、
韓国で1960年代まで飲まれていた薬用酒です。


骨折・打撲・腰痛・てんかんなどに効能があるとされていました。

大腸菌とか大丈夫だったのかなぁ


他のうんこに関する記事はこちら!




昔の医療とか薬って興味深いものが多いですよね。
現代の知識をもっていたら絶対に考えられないことをやっていたりして。
何か面白い医学史知っていらっしゃる方は教えてください〜。


前回の

今回はパーコール法について書きます。

パーコール法とは、
遠心分離によってX精子を抽出する方法です。

この方法は、
X精子とY精子の
わずかな重さの違い
を利用します。

IMG_7422


男性の精子をパーコール液に入れ
遠心分離器にかけ、
X精子とY精子を分離
採取したX精子を子宮に入れるという
人工授精を行います。
IMG_7421



へ〜、頭良いなぁ(小並感)



しかし!

日本の産婦人科でこのパーコール法を行なっているところがありますが、

日本産科婦人科学会はパーコール法は
科学的根拠を持たない
としています。

また、
パーコール法を行なっている産婦人科のサイトを確認した所、
成功率60%とも70%とも言われています。

(通常の妊娠でも希望の性別の子ができるのは
50%だしなぁ、
それを考えるとなぁ)


希望の性別の産み分けをする
というのは倫理の面で議論を呼ぶでしょう。

IMG_7423

しかし、
重篤な伴性劣性遺伝病
のリスクがあるなら
選択肢の一つとしてあっても良いのではないでしょうか。


今後の技術の進歩に期待します。

男女の産み分けはできるのでしょうか?

俗説で
SEXの時に女性が快感を感じていると男の子になる
とか言いますよね。
IMG_7406

これは、
男の子になるY染色体を持つ精子
アルカリ性の環境に強く、

女の子になるX染色体を持つ精子
酸性の環境に強い

といった特徴から言われています。



女性が快感を感じると、
アルカリ性子宮頸管粘膜液が多く分泌されて、膣内の産生が中和されます。


女性が感じてアルカリ性に傾いた膣内だと
アルカリ性の環境に強い
男の子になるY染色体を持つ精子
が生き残りやすいので
男の子を妊娠しやすい
ということです。

IMG_7407



嘘くさいなぁ、
膣内環境にも個人差あるだろうし、、、
この話を聞いた時に、その場に3姉妹だった子がいた時の気まずさ

こういった精子の特徴を考慮して、
膣内の酸性とアルカリ性を調整するゼリーを販売している産婦人科もあります。

いわゆピンクゼリーなどです。

FullSizeRender

高い!

ほかに
精子の重さを利用したパーコール法という方法があります。
それについてはこちらをどうぞ

世界で一番人間を殺している動物は何でしょう?


人間
、、、みたいなブラックジョークではありません。



正解は、

IMG_7396



です。
IMG_7397


2014年調べだと、1年間で

720,000人

の方が、蚊によって殺されています。




ハマダラカが媒介するマラリア

を始めとした、

デング熱ウエストナイル熱などの疾患が

死因になります。


あんなに小さいのに恐ろしいですね!

2位以下は

人間 475,000人

ヘビ  50,000人

イヌ  25,000人

・・・・

2位と3位の壁がデカい!


★他の動物に関する記事はこちら






「医者」を想像して下さい

IMG_7387

こんな
頭にCD
みたいなものをつけた医者を想像した人が
多いでしょう


このCDみたいなものは

額帯鏡
(がくたいきょう)

と言います。

IMG_7389

電灯をこの反射鏡に反射させ、
狭いところを照らします。

 医者は反射鏡の真ん中の小さな穴から患部をのぞきます。
IMG_7390

ところで、
額帯鏡を付けてる医師
を見たことのある人は少ないでしょう。

昔は医者の小道具の代表格でしたが、 
最近では耳鼻咽喉科医しか使いません。

小型ヘッドライトの普及のためと言われています。

お笑いコントとかで
医師役の人が額帯鏡を付けてるから
今でも認知度が高いんでしょうね。


★他の医療道具に関する記事はこちら!



↑このページのトップヘ