偏差値28からの医学生

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

今週の鑑賞

こんにちは
犬夜叉が50巻以上あることに驚いてるナノEです。

今日、アクアマンを見に行き、とても面白かったのでお勧めします。



1.ヒロインが美人

アメコミ映画のヒロインって「なんで?」って配役がされることがよくありますよね。(バットマン、スパイダーマンなど)

だけど、

アクアマンのヒロインはめちゃ美人!

しかも衣装がめちゃめちゃセクシー!!


ちなみに、ヒロイン役のアンバー・ハードはジョニーデップの元奥さんです。


2.海中シーンが凝ってる

ストーリーの半分以上が水中で進んでいくのですが、泳いだり、髪の毛が水中でユラユラゆれながら主人公たちが会話をするシーンが沢山。
こんなのどうやって撮ってるんだろうと映画を見ながらずっと考えていました。
IMG_3655

映画を見た後に調べると、“ドライ・フォー・ウェット”(水を使わずに水中シーンを撮影する方法)で撮影していたそうです。

役者をワイヤーで吊るす古典的なやり方や、最新の特殊エフェクトを使って水中感を出す最先端のやり方、面白いなぁ〜


3.陸上のシーンも楽しめる
イタリアで敵と戦う場面もあるんですが、そこでのアクションもちゃんとしっかりしていて、笑いもありとても楽しめます。




まぁ、ぶっちゃけ2、3はどうでもよくて、
ヒロインのアンバー・ハードの美しさとセクシーさがお勧めする最大の理由です。

こんにちは

僕は、1週間に映画、本、マンガなんでもいいので1作品は鑑賞すると決めています。
自身の記録の意味もこめて、今週の鑑賞というカテゴリで書いていきます。

今週は「ボヘミアンラプソディー」です。
IMG_2260
ロックバンド【QUEEN】のフレディ・マーキュリーに焦点を当て、バンドの結成からライヴエイドまでを描いた伝記映画です。

フレディの複雑な生い立ち、家族との確執、孤独、セクシャリティ、HIVなどなど様々な要素のつまったとても面白い映画でした。


最後のライブエイドの演奏シーンは実際のライブエイドの再現にとてもこだわったようで、
細かな小道具の配置、
アンプやペダル、
タバコの吸い殻の本数、
壁のはげ方までも(笑)
完全再現したそうです。

134分と短すぎもなく長すぎもなくちょうどいい長さだったのもよかったです。

家にQUEENのアルバムが何枚かあって、昔からQUEENの音楽は聞いていましたが、バンドやフレディについてはほとんど知識のない僕でも非常に楽しめました。

ボヘミアンラプソディーももちろん、作中に出てくる音楽も沢山入っているのでおススメです↓




映画を見るまでは、ぴちぴちタンクトップのAIDSになってしまったゲイのちょび髭おじさん、、、ぐらいしか知識がなかったので、この映画をみて色々なフレディに関するいろいろな知識を得られてよかったです。

全然QUEENを知らない人でも、絶対に耳にしたことのある音楽が沢山作中に出てくるので楽しめると思いますよ!

洋画で出てくる小粋なセリフが好きなんですけど、このボヘミアンラプソディーでも

「あんた、奥さんとのSEXは6分以内で終わるのか?」

「コーヒーメーカーはやめろ」
(字幕では違ったけど、英語では言ってました)

「批評家め」

が良かったです(ネタバレ)

↑このページのトップヘ