偏差値28からの医学生

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

医学勉強メモ

こんにちは
今日からERで実習が始まるので通学時間にミスチルのHANABIを聞いたけど、
コードブルー見たことないからそれほどノレなかったナノEです。

ERの実習中でよく見かけるのは意識障害の患者さん。

IMG_4078

そんな意識障害の鑑別で有名なのが

AIUEOTIPS

です。


欧米ではカーペンター分類として知られており、順番が

AEIUOTIPS

と違っています。発音練習みたい


AIUEOTIPS

 

 

A

Alcohol

急性アルコール中毒

I

Insulin

低血糖、糖尿病昏睡

U

Uremia

尿毒症

E

Encephalopathy

Electrolytes

Endocrinopathy

脳症(肝性、Wernicke)

電解質(Na,Caの異常)

甲状腺・副腎・下垂体の異常

O

Oxygen

Overdose

低酸素血症・一酸化中毒

薬物中毒

T

Trauma

Temperature

頭部外傷

低体温・高体温(熱中症)

I

Infection

感染症(脳炎・髄膜炎・敗血症)

P

Psychiatric

精神疾患

S

Stroke/SAH

Seizure

Shock

脳卒中(脳出血・脳梗塞)・クモ膜下出血

けいれん

ショック



指導医に質問されたときにこれ覚えとくと気が楽です。

他の医学勉強の知識は↓

今回は、機能性頭痛に関して書いていきます。
特に、筋緊張型頭痛、片頭痛、偶発頭痛の3つに焦点を絞ります。

 

筋緊張型頭痛

原因

筋緊張が原因

好発

全年齢

症状

慢性持続性

主訴

両側

締め付けられるような痛み

特徴

夕方に増悪

運動時に軽快

治療

NSAIDs湿布や内服



片頭痛はセロトニンが関与していると考えられています。
セロトニンが大量に放出され、血管が収縮します。次に、セロトニンが枯渇すると、血管が拡張し、血管周囲の神経を刺激し、頭痛が起こると考えられています。

 

片頭痛

原因

血管拡張による神経圧迫

好発

若年女性

症状

発作性

月に1回など

主訴

片側

拍動

特徴

閃輝暗点

悪心嘔吐

治療

トリプタン内服or皮下注

〈予防〉

β遮断薬

カルシウム拮抗薬


続きを読む

精神科をポリクリで回っていると必ず「DSM-5」「ICD-10」という言葉に出会います。

ざっくり言うと、疾患の分類と診断基準です。

下記では、それぞれもう少し詳しく書いています。


DSM
クリックすると新しいウィンドウで開きます

Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disordersの略でDSMです
日本語では「精神障害の診断と統計マニュアル」になります。

アメリカ精神医学会によって出版された書籍で、精神障害の分類のための共通言語と標準的な基準が書かれています。

診断基準がしっかり決まってないと、精神疾患の患者を診断するときに医師によって診断が異なってしまいますよね~。
ポリクリでもDSMをつかって患者さんの疾患の診断をよくしました。



ICD

International Classification of Diseasesの略でICDです

日本語では「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」になります。

世界保健機関(WHO)が死因や疾病の国際的な統計基準として公表している分類です。
(最新版は、2007年版のICD-10)
精神医学では、DSMと並び代表的な診断基準の一つとして使用されています。

死因や疾病の統計などに関する情報の国際的な比較や、医療機関における診療記録の管理などに活用されています。


電気痙攣療法は精神科の療法の一つです。

なんと1938年から行われています。

全身麻酔をした患者の頭部を電気で刺激することで、脳のけいれんを誘発し、脳の機能を回復させます。

適用患者

・うつ病(自殺の危険大) 
・統合失調症(難治性)
・パーキンソン病(末期)

などです。



副作用

・心血管系の障害
認知障害(記憶喪失)

などです。

補足
認知障害について

1/3の人に逆行性(術前の)健忘症が起きるといわれています。


今回は妊娠悪阻についてです。

悪阻(おそ)って読みます。
ポリクリで産婦人科を回っているとき、入院理由で一番多かった気がしました。




この妊娠悪阻は、妊娠初期におこります。

ざっくり言うと、
つわりが重症化したものです。

まず、妊娠5~15週につわりが起きます。

つわり

症状

5~15週

悪心・嘔吐

対処

少量頻回の食事


このつわりが重症で脱水飢餓状態になると妊娠悪阻となります。
つわりと妊娠悪阻を分ける明確な基準はありません。

妊娠悪阻

症状

脱水・食事困難

ケトン体(+)

治療

輸液(糖を含む)

ビタミンB₁を添加

(糖を入れるときはWernicke脳症予防)

その他

深部静脈血栓症に注意


糖が取れないとケトン体が出てきてしまいます。

脱水と糖不足を補うために糖を含む輸液をします。

糖を代謝する際にビタミンB₁を使うので、ビタミンB₁を添加することを忘れないように。
ビタミンB₁不足でWernicke脳症になってしまうからです。

↑このページのトップヘ