ヘルパンギーナと手足口病のウイルス


ヘルスで手コキ


ヘルス ヘルパンギーナ

手 手足口病

コキ コクサッキーウイルス


IMG_9128




【解説】

指導医が教えてくれました。



【補足】


ヘルパンギーナは、熱と口の粘膜にあらわれる小さな水ぶくれを伴う発疹、それに伴う痛みが特徴の疾患。


ヘルパンギーナの語源は、「ヘルペス=水疱、アンギーナ=痛み」。


流行するヘルパンギーナの大半が、エンテロウイルス属のA群コクサッキーウイルスが原因。


患者の年齢は4歳以下がほとんど。

夏に流行する。

 


手足口病は喉や手足、お尻、ひざなどに水疱性発疹ができる

あまり熱は高くなく軽症が多い。


幼稚園や保育園では乳幼児間での接触が多いので、集団発生する

 




他のゴロや覚え方はこちら