胃がんの99%はピロリ菌が原因だ

と知られるように
胃がんとピロリ菌の関係は強いものです。

IMG_7343



そんなピロリ菌ですが

日本のピロリ菌は胃がんになるリスクが高い

と言われています

IMG_7347


日本と同様にピロリ菌を持っている人が多い
欧米やアフリカ諸国の胃がんを患う人は、
日本と比べて非常に少ないです。


近年の研究では

ピロリ菌は、
病原性を持つcagAという遺伝子が作るタンパク質を
胃上皮細胞に注入して癌を起こす

と考えられています。
IMG_7345



欧米人から分離培養されるピロリ菌の約3割には、cagA遺伝子がありません


しかし、日本から分離培養されるピロリ菌のほとんどがcagA遺伝子を保有しています


★遺伝子の話で関係ある記事はこちら



地域によってピロリ菌の種類が異なり、
それにより胃がんの罹患率が変わるんですね。



ということで、
特に日本人はピロリ菌に感染していないかのチェックに気をつけましょう〜
IMG_7344