偏差値28からの医学生

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

2020年01月

新型コロナウイルスが
指定感染症」になりました。
IMG_7859


●指定感染症とは

感染症法では以下の様に定められています。

「指定感染症」とは、既に知られている感染性の疾病(1類感染症、2類感染症、3類感染症及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)であって、第三章から第七章までの規定の全部又は一部を準用しなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるものとして政令で定めるものをいう。

分かりにくいので噛み砕くと

感染症法で未指定の感染症で、蔓延すると危険な場合は、一定の期間に限り患者の行動を制限するなどの措置を行えるようになるもの」



これでも分かりにくいので、ざっくりポイントを抽出していきます。


●対象となる感染症
感染症法では未指定だが広がると危険な感染症
IMG_7860



感染症法は、様々な感染症を
感染力など危険性に応じて1~5類に分類しています。

1類感染症には、エボラ出血熱ペストなどで感染力や重篤性が極めて高いものが分類されています。

2類感染症には、新型コロナウイルスと同じコロナウイルスであるSARSMERSなどが分類されています。いずれも感染力や重篤性が高いものです。


指定感染症では、上記のような感染症法に指定されていない感染症が対象となります。



●何が変わるか
強制入院が可能になる
IMG_7861


上記の1類、2類感染症では、患者に外をふらつかれてウイルスをばら撒かられると困るので強制入院させることができます。

また、一定期間仕事をさせない就業制限の規定もあります。


指定感染症になると、同様の対応が可能になります。


●その他
期間は1年以内

強制入院などは人権の観点から、指定感染症の運営には慎重になる必要があります。

指定感染症の期間は1年以内が原則です。

しかし、必要ならばさらに1年延長できます。

さらに必要ならば、1類〜5類感染症のいずれかに分類されることになります。




アルコール中毒などが原因でビタミンB1欠乏により急性に発症する神経障害であるWernicke脳症
IMG_7808


感覚性言語を司るWernicke野、そして皮質性感覚失語のWernicke失語
5003


脳卒中などにより上肢が屈曲位、下肢が伸展位になる現象のことを指すWernicke-mann肢位
IMG_7806
神経系を勉強していると Wernickeという単語の出現率は高いので、
医療系の人なら誰もが聞いたことがあると思います。


このWernickeは、ドイツ人の医師であるカール・ウェルニッケからつけられています。
IMG_7809


ウェルニッケは神経病理学者であり、19世紀後半に活躍しました。

いくつもの医療用語に名前がつくなんて素晴らしい医師ですね!
覚える時に被ってややこしいですけど!

ちなみに、1905年にカール・ウェルニッケは自転車事故でお亡くなりになったそうです。
死因に時代を感じますね〜。

★他の歴史上の偉大な医師はこちら

↑このページのトップヘ