NanoMedic

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

2018年12月

医学勉強メモで以前、電気痙攣療法について書きました。→こちら

この電気痙攣療法の副作用に認知障害があり、この副作用を悪用されることがあるそうです。

電気痙攣療法について調べてる時にへ〜となったので書いていきます。

この電気痙攣療法の副作用を悪用した具体例で代表的なものとしてオウム真理教が挙げられます。

オウム真理教が行なっていた修行にニューナルコと呼ばれるものがあります。


ニューナルコ
電気痙攣療法を健康な信者無断で行うものです。

信者に麻酔をかけ無断で実施し、麻酔から覚める前に装置を隠してニューナルコをされたことがわからないようします。
教団にとって不都合な記憶を抹消させるために使用されました。
実際に記憶が無くなる効果があり100人ほどが受けたそうです。


やっぱり目的の為に何でもやる人達は怖いですよね〜

こんにちは


友人に香水を貰ったものの、香水とは無縁な生活を送っていたので戸惑っている年末です。


せっかく貰ったものなので香水の種類や使い方について調べてみました。




種類

香水にはいくつか種類があります。

香料の濃度が高い順に

パルファン


オーデパルファン


オーデトワレ


オーデコロン


です。

パフュームはパルファンの別の読み方です。


持続時間も濃度が高いほど長いです。

ちなみに、オーデコロンやオードトワレの「オーデ」はフランス語で「水の」という意味があります。



香り
香水は香り立ちが変化します。

トップノート(~10分程度)


ミドルノート(~3時間程度)


ラストノート(~12時間程度)

の順です。



つける場所
香水は蒸発した時に香るので血管が多いところなどにつけます。



耳の後ろ・うなじ


腕・ひじの内側


手首





ももの内側


ひざの裏側、足首




んー、香水も奥が深いですね、、

香水公害おじさんにならないように気をつけます


電気痙攣療法は精神科の療法の一つです。

なんと1938年から行われています。

全身麻酔をした患者の頭部を電気で刺激することで、脳のけいれんを誘発し、脳の機能を回復させます。

適用患者

・うつ病(自殺の危険大) 
・統合失調症(難治性)
・パーキンソン病(末期)

などです。



副作用

・心血管系の障害
認知障害(記憶喪失)

などです。

補足
認知障害について

1/3の人に逆行性(術前の)健忘症が起きるといわれています。


今回は妊娠悪阻についてです。

悪阻(おそ)って読みます。
ポリクリで産婦人科を回っているとき、入院理由で一番多かった気がしました。




この妊娠悪阻は、妊娠初期におこります。

ざっくり言うと、
つわりが重症化したものです。

まず、妊娠5~15週につわりが起きます。

つわり

症状

5~15週

悪心・嘔吐

対処

少量頻回の食事


このつわりが重症で脱水飢餓状態になると妊娠悪阻となります。
つわりと妊娠悪阻を分ける明確な基準はありません。

妊娠悪阻

症状

脱水・食事困難

ケトン体(+)

治療

輸液(糖を含む)

ビタミンB₁を添加

(糖を入れるときはWernicke脳症予防)

その他

深部静脈血栓症に注意


糖が取れないとケトン体が出てきてしまいます。

脱水と糖不足を補うために糖を含む輸液をします。

糖を代謝する際にビタミンB₁を使うので、ビタミンB₁を添加することを忘れないように。
ビタミンB₁不足でWernicke脳症になってしまうからです。

統合失調症は昔から多くの精神科学者に研究され、
精神科学者の名前が付いた症状の分類が多いです。


今回は僕が口頭試問でよく問われた、
シュナイダーの1級症状とブロイラーの4Aについて書いていきます。


<シュナイダーの1級症状>

・一級症状

思考化声

自分の考えが他人の声として聞こえる


対話形式の幻聴

「あいつはバカだよねー」のように、自分についての会話が聞こえる


自己の行為を批判する声の幻聴

「食べるなデブ」など行為に批判的な声が聞こえる


身体への被影響体験

「頭に電気を流されていて脳が溶ける」など身体の異常な感覚が他人の影響だと考える


思考奪取とその他の思考への影響

「自分の考えが抜き取られてる」などと感じる


妄想知覚

「車のクラクションが鳴ったのは死ねということ」など知覚したことに特別な意味づけをする


感情、欲動、意思の領域でのさせられ体験、被影響体験

他者によって感情、欲動、意思が操作され、「させられている」と感じる


思考伝播

自分の考えていることが他者に伝わってしまうと感じる


・二級症状

統合失調症でみられるが、診断上それほど重要ではない症状(その他の幻覚、思考制止、観念奔逸、錯乱と困惑、強迫行為など)

 

<ブロイラーの4A>
統合失調症患者に必ず生じる症状です。

連合弛緩(思考障害)

感情障害(感情鈍麻)

アンビバレンス(両価性)

自閉


↑このページのトップヘ