手術するときの医師や看護師は、

青緑色の手術着を着ています。

IMG_7325


なぜオペ着がこの色か?

みなさんは知っていますか?

IMG_7326



これは

色の残像を軽減させるため

です。


ある色をずっと見ていると

視線をほかに移しても

その色の補色が見えます。

これは「色残像」といわれるものです。


手術中の医師や看護師は、血液や体内の臓器などの赤い色を見続けています。


ふと視線を上げた場所が白い色だと、
青緑色の残像が視野に現れてしまいます。


(赤色の補色は、青緑色です。)

IMG_7327



そんな残像がある状態で満足にオペできませんよね。


そのため、青緑色の手術着を着るようになりました。


また、

手術着だけではなく

手術室の壁や床にも、

青緑色を採用している病院が多いようです。


★手術に関してはこちらもどうぞ

家から遠隔手術できる時代が来るかも!

麻酔がない時代の手術はどうしてたの?