統合失調症は昔から多くの精神科学者に研究され、
精神科学者の名前が付いた症状の分類が多いです。


今回は僕が口頭試問でよく問われた、
シュナイダーの1級症状とブロイラーの4Aについて書いていきます。


<シュナイダーの1級症状>

・一級症状

思考化声

自分の考えが他人の声として聞こえる


対話形式の幻聴

「あいつはバカだよねー」のように、自分についての会話が聞こえる


自己の行為を批判する声の幻聴

「食べるなデブ」など行為に批判的な声が聞こえる


身体への被影響体験

「頭に電気を流されていて脳が溶ける」など身体の異常な感覚が他人の影響だと考える


思考奪取とその他の思考への影響

「自分の考えが抜き取られてる」などと感じる


妄想知覚

「車のクラクションが鳴ったのは死ねということ」など知覚したことに特別な意味づけをする


感情、欲動、意思の領域でのさせられ体験、被影響体験

他者によって感情、欲動、意思が操作され、「させられている」と感じる


思考伝播

自分の考えていることが他者に伝わってしまうと感じる


・二級症状

統合失調症でみられるが、診断上それほど重要ではない症状(その他の幻覚、思考制止、観念奔逸、錯乱と困惑、強迫行為など)

 

<ブロイラーの4A>
統合失調症患者に必ず生じる症状です。

連合弛緩(思考障害)

感情障害(感情鈍麻)

アンビバレンス(両価性)

自閉