常位胎盤早期剝離は妊婦、胎児共に超ヤバイ状況です。

妊娠中・分娩経過中に先に胎盤が剥がれてしまっている状況のことを指します。

主な原因はHDP(妊娠高血圧症候群)、腹部外傷
などです。


症状

急激な腹痛 

腹壁の板状硬

ですね〜


妊婦さんで、特にHDPの妊婦さんが、急激な腹痛を訴えたら、この常位胎盤早期剝離の可能性は必ず考えます。


何が危険かと言うと、

 

少量の外出血&大量の内出血

母体:ショック、DIC

胎児:胎盤機能不全(→胎児死亡)


といった状態になることなんですね〜




診断としては、


胎児心拍数モニタリング:遅発一過性徐脈

超音波:胎盤後血種

血液:貧血、DICの所見


で診断します。


治療

急速遂娩(緊急CS、吸引分娩)

・DIC、ショックに対する治療


漫画のコウノドリを読んだら、イメージが持てると思います〜




カテゴリ[医学勉強メモ]では、
僕がざっくり学習した事をざっくり書いていきます。
訂正・意見があればコメントまでよろしくお願いします。