こんにちは

今回は前置胎盤についてです。

前置胎盤とは、胎盤が正常より低い位置にあり内子宮口を覆ってしまっている状態です。

 

経産婦、CS既往、子宮内手術、喫煙などがリスク因子です。(※CSは帝王切開のことです)

僕のイメージは子宮にダメージ負ってる人ですね〜

前置胎盤の症状は、少量の無痛性出血(警告出血)ですが、子宮収縮・子宮口が開大する事で大量出血につながります。



確定診断は24週以降にエコーで行います。それ以前に診断すると、週数が経つにつれて胎盤の位置が動いて前置胎盤ではなくなるからです。



経膣エコーは行って大丈夫ですが、内診は禁忌です。内診は禁忌です。膣内で手を動かすので胎盤が剥がれて大量出血の危険があるからです。





治療は、出血の有無で分かれます。

・出血あり

即入院、早産予防(塩酸リトドリン)

37週末までにCS

※大量出血、胎児状態不良の場合は緊急CS

 

・出血なし

32~34週で入院→37週末までにCS



カテゴリ[医学勉強メモ]では、
僕がざっくり学習した事をざっくり書いていきます。
訂正・意見があればコメントまでよろしくお願いします。