NanoMedic

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

IMG_9047

手術用ゴム手袋を発明したのは、19世紀後半から20世紀始めにかけてアメリカの外科医
ウィリアム・ステュアート・ハルステッドです

IMG_9044




19世紀末頃の手術は、手袋をせずに素手で行われていました。

現代人からすると考えられないことですが、当時はコッホやパスツールが細菌を発見してまもない時代でした。


そのため、感染症を防ぐために手指消毒する必要性は知られていましたが、
消毒薬が非常に強力だったので多くの医療者が手荒れに悩まされていました。

IMG_9046


ハルステッドの同僚の手術室看護師キャロライン・ハンプトンも強い手荒れに悩まされていて、辞職をしようとしていました。



優秀なキャロラインを失いたくなかったハルステッドは、過度な消毒が必要なく、手の感覚を妨げない手袋の発明に取り掛かりました。



試行錯誤の結果、薄いゴム製の手袋にたどり着き、これが現在世界中で使われている手術用ゴム手袋の原点になりました。



その後、ハルステッドとキャララインは結婚し、69歳で亡くなるまで幸せに過ごしました。



余談


ハルステッドは手荒れ防止のためにゴム製の手袋を発明しましたが、ゴム手袋をつけることで無菌が保てると気づいたのは、しばらく後になってからでした。


医療者の手荒れがよくなって喜んでいたら、手術による感染症が激減。


それにより、世界中へゴム手袋が普及していくことになりました。

IMG_9045



他の医療系雑学はこちら




Wernicke脳症の3


アル中の「運命」


運 運動失調

め 眼球運動障害

い 意識障害



IMG_9043





【解説】

アルコール依存症の運命(末路)として覚える。





【補足】

Wernicke脳症は、ビタミンB1の不足によっておこる。

意識障害、眼球運動障害、小脳失調を特徴とする。

ビタミンB1が不足する原因には、アルコール依存症、摂食障害、妊娠悪阻などがある。

コルサコフ症候群を合併することもある。



他のゴロや覚え方はこちら

ポリクリのあるあるを書いてみました。

今後も更新していく予定です。


「ポリクリって何?」って人はこちら



「こんなあるあるもあるよ〜」、「これはないんじゃない?」みたいなことがあったらコメント•DMお願いします。


指導医編

IMG_4115


・まだ学生なのに「先生」と呼ばれることに戸惑いを隠せない
申し訳ない気持ちになる


・「5時まで待機で」
帰らせてくれ


・「帰っててよかったのに」「まだ帰ってなかったの?」
「待機で」って言いましたよね?(真顔)


・集合時間に焦って行くと先生が来ていない
ありがたい

・貸したペンが高確率で返ってこない

「ペン貸して」と指導医に言われることがしばしばあるが、そのペンとの今生の別れになることも。

製薬会社説明会でもらったペンを生け贄用として持っとくと吉。

・レポートの添削が日本語の書き方まで添削され始める 
心おれる

・添削されて添削通り直して持っていったら、そこをまた添削される
???
お前は誰と戦っているんだ?

・クルズスが短い先生ほど良い人と言われる
悲しい事実


・教授回診が異常に早い教授がいる
ありがたい




外来見学編

IMG_4113


・患者の方を一切見ずに、ずっとカルテ記入をする先生が本当に実在する
怖い先生なのかと思ったら、学生には優しかったりする

・理論武装してくる患者が本当に実在する
患者が診察室から出た後の先生のコメントに期待


・「あ、この患者さん学生NGだから外で待ってて」
喜んで出ていく

・世の中にこういう人もいるんだなぁと毎回感じる
社会勉強

・患者さんが診察室から出ると始まるプチ口頭試問
診察中にヒントはないかと必死になって聞く、調べまくる






手術見学編
IMG_4116


・眠気・足腰の痛みとの闘い
「あ、これ耐え切れないから外科医無理だわ」と外科医へのあこがれが崩れていくのをかんじる

・長時間苦痛に耐えながら立っていると、急に楽になる瞬間が来る
ランナーズ・ハイ的な

・術野に入る方がまだ楽
術野の外からの見学は見えないこともあって暇

・清潔操作ミスってオペ看さんに怒られる
看護師さん怖い、先生よりも怖い



ポリクリ生編
IMG_4074


・班が決まった瞬間の「あの班、終わったな」感
薄ら笑い浮かべながらその班を見ている奴がいる

・同期との会話で「今、何科?」
「指導医誰?」もよくある



・糸びの練習の残りがいたるところにある
切って片づけるの大変


・医療用携帯がなると周囲のポリクリ生がビクッ!となる
いたずらで同期にかけだす奴が現れる


・お爺さん教授のことをカワイイと言い出す女子
マジで言ってるのか?


・胸ポケットに製薬会社のボールペンが増えていく


・先に科を回ってる同期が先輩風吹かせてくる
「あの先生そういうところがあるからなぁ〜」

「え、指導医が〇〇?お疲れさんwww」みたいな事を言ってくる

自分も次の班に先輩風吹かす









PFCバランス


イチゴ煮込むとPerfect


イチゴ 15%

煮込  25%

むと  60%

Perfect   P F C


IMG_8984



【解説】


イチゴが嫌いな人って結構いますよね。

自分的には水やお米と同じで「嫌われることのない食べ物」のジャンルだと思っていたので、イチゴ食べれない人に初めて遭遇した時は驚きました。

そういう人達の子供の頃の誕生日ケーキはどんなんなんだろう。




【補足】


PFCバランスとは、摂取カロリーに対する三大栄養素のバランスを示している


Cは炭水化物、Fは脂質、Pはタンパク質



他のゴロや覚え方はこちら


1回目のTECOM模試の結果が返ってきたので、結果を踏まえて4〜6月の勉強の反省点を3つ書いていきます。


IMG_8945






★模試の結果


TECOM模試の全国偏差値は50前半でした。

受験者の平均ちょい上だったので個人的には満足です。

今後もこれくらいの位置を保っていきたいです。


IMG_8946




結果に満足していますが、自身の4〜6月の勉強のやり方に後悔が3つあります。




★3つの反省するべき点


・MECのマイナー講座を見た

IMG_8947


「先輩がMECのマイナーは糞だからやらない方がいいって言ってた」と友人から聞いたのが4月初旬


友人はそう言っていましたが、

「すでに全科目契約しているしMECでいいじゃん

「Medu4とか別の予備校動画を改めて買うの勿体無いし

と考えてMECのマイナー動画を見始めました。



最初に見た泌尿器、皮膚科は、Dr.渡が担当していてとても分かりやすく非常にタメになりました。

「あぁ、あの噂は嘘だったんだなぁ。やっぱりMECは最高だぜ!

と思っていました。



しかし、整形、耳鼻科、眼科の講座を受け進めていくにつれてMECに対する不信感が身体の奥からフツフツと湧いてくるのがわかりました。



人によって合う合わないの違いはもちろんありますが、

この講師は自分とは合わないな

と思ったらすぐに切り替えて別の方法で勉強した方がいいと思います。



僕みたいに

もしかしたらChapter3からこの講師は覚醒するかもしれない

とか考えずに、サッサとMedu4やQAにその講座だけ浮気するべきです。


(補足)

"マイナーは秋からでも間にあう"

みたいな噂があります。


忙しくなってきてからマイナーを頭に詰め込むのはメンタル的に辛いものがあるだろうなぁと個人的に思い、4月から始めていました。


夏の模試や卒試の勉強をしていてマイナー科目の問題が出てきた時に、解きやすいし復習もしやすいので今のところは正解だったと思っています。




・過去問をやらなかった

「国試・卒試の過去問は基礎を一通り復習してからやろう」

と思い、4〜6月はテキストの見直しを進めていました。

IMG_8948



疾患毎の重要事項ページを見て、自分がちゃんと理解できているか確認をしていましたが、間違った方法だったなと今は思っています。


後述のことが原因でやる気が無かったとは言え、アウトプットよりもインプット中心の勉強法をしてしまった事を反省しています。




・国試は無くなると思っていた


IMG_8950


4月当初は、新型コロナウイルスの影響で世界中が大騒ぎになり、イタリアでは国家試験免除で医学生を医者にするといったニュースが流れていました。


日頃の自分なら、日本の特質的に国家試験が免除になることなんて有り得ないと分かっていたはずなのに、

国試は無くなる!無条件ではないだろうけど比較的楽に医者になれる!!

と当時は思っていました。



国試勉強をするのが嫌すぎて、流れてきた藁にすがった状態でした。



国試無くなるから必死に勉強しなくてもいいや〜

と7割位の力で勉強していました。



3つの反省点の中で、このことを1番後悔しています。



★まとめ

人生甘くない

↑このページのトップヘ