NanoMedic

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

SIRSの診断基準の項目


お神輿


お 体温

み 脈拍

こ 呼吸数

し 白血球数


IMG_9124




【解説】

SIRSは炎症で身体中がお祭り騒ぎになってるのでお神輿を想像します。


それぞれの数値はそんなに覚えなくていいかなぁ、、と自分に都合よく思ってます。



【補足】

SIRSは、侵襲に対する生体の防御反応。

免疫細胞から放出された大量の炎症性サイトカインによっておこる全身性の急性炎症反応。


診断基準


体温<36℃または>38℃
脈拍>90回/分
呼吸数>20回/分,あるいはPaCO2<32 Torr
白血球数>12,000/mm3,あるいは<4,000/mm3,または10%を超える幼若球出現


SIRSの診断基準の4項目中、2項目以上が該当する場合はSIRSと診断する。



他のゴロや覚え方はこちら

舌の前2/3の味覚と温痛覚

IMG_9118



ガミガミオッサン


ガミガミ 顔面神経 味覚

オッサン 温痛覚 三叉神経


IMG_9117




【解説】

舌が見える位ガミガミうるさく叱ってくるオッサンをイメージします。


実際どうでもいいことをガミガミ言ってくる人いますよね。

そういう人ほどプライベートが充実してなさそうなのは何故なんでしょうか。



【補足】



知覚(温痛覚・触覚)

舌前2/3:舌神経(Ⅴ:三叉神経)

舌後1/3:舌咽神経(Ⅸ)


味覚

舌前2/3:鼓索神経(Ⅶ:顔面神経)

舌後1/3:舌咽神経(Ⅸ)


舌の運動

舌前2/3:舌下神経(Ⅻ)

舌後1/3:舌下神経(Ⅻ)




他のゴロや覚え方はこちら


胃潰瘍と十二指腸潰瘍の好発時間

"胃食十 "

胃食 
→胃潰瘍:食後

十 
→十二指腸潰瘍:空腹時

IMG_9115


【解説】

衣食住をモジって"胃食十 "

最後の空白は、空腹を表します。



【補足】

自覚症状で最も多いのが、心窩部痛。

胃潰瘍の場合は、食事中から食後に起こることが多い。

十二指腸潰瘍の場合は、空腹時に痛むことが多い。

心窩部痛以外は、胸やけ、胃もたれ、吐き気、嘔吐、食欲不振を伴うこともある。


胃・十二指腸潰瘍からの出血の場合、タール便というコールタール様のどす黒い便が出ることがある。





他のゴロや覚え方はこちら

IMG_9047

手術用ゴム手袋を発明したのは、19世紀後半から20世紀始めにかけてアメリカの外科医
ウィリアム・ステュアート・ハルステッドです

IMG_9044




19世紀末頃の手術は、手袋をせずに素手で行われていました。

現代人からすると考えられないことですが、当時はコッホやパスツールが細菌を発見してまもない時代でした。


そのため、感染症を防ぐために手指消毒する必要性は知られていましたが、
消毒薬が非常に強力だったので多くの医療者が手荒れに悩まされていました。

IMG_9046


ハルステッドの同僚の手術室看護師キャロライン・ハンプトンも強い手荒れに悩まされていて、辞職をしようとしていました。



優秀なキャロラインを失いたくなかったハルステッドは、過度な消毒が必要なく、手の感覚を妨げない手袋の発明に取り掛かりました。



試行錯誤の結果、薄いゴム製の手袋にたどり着き、これが現在世界中で使われている手術用ゴム手袋の原点になりました。



その後、ハルステッドとキャララインは結婚し、69歳で亡くなるまで幸せに過ごしました。



余談


ハルステッドは手荒れ防止のためにゴム製の手袋を発明しましたが、ゴム手袋をつけることで無菌が保てると気づいたのは、しばらく後になってからでした。


医療者の手荒れがよくなって喜んでいたら、手術による感染症が激減。


それにより、世界中へゴム手袋が普及していくことになりました。

IMG_9045



他の医療系雑学はこちら




Wernicke脳症の3


アル中の「運命」


運 運動失調

め 眼球運動障害

い 意識障害



IMG_9043





【解説】

アルコール依存症の運命(末路)として覚える。





【補足】

Wernicke脳症は、ビタミンB1の不足によっておこる。

意識障害、眼球運動障害、小脳失調を特徴とする。

ビタミンB1が不足する原因には、アルコール依存症、摂食障害、妊娠悪阻などがある。

コルサコフ症候群を合併することもある。



他のゴロや覚え方はこちら

↑このページのトップヘ