偏差値28からの医学生

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

統合失調症は昔から多くの精神科学者に研究され、
精神科学者の名前が付いた症状の分類が多いです。


今回は僕が口頭試問でよく問われた、
シュナイダーの1級症状とブロイラーの4Aについて書いていきます。


<シュナイダーの1級症状>

・一級症状

思考化声

自分の考えが他人の声として聞こえる


対話形式の幻聴

「あいつはバカだよねー」のように、自分についての会話が聞こえる


自己の行為を批判する声の幻聴

「食べるなデブ」など行為に批判的な声が聞こえる


身体への被影響体験

「頭に電気を流されていて脳が溶ける」など身体の異常な感覚が他人の影響だと考える


思考奪取とその他の思考への影響

「自分の考えが抜き取られてる」などと感じる


妄想知覚

「車のクラクションが鳴ったのは死ねということ」など知覚したことに特別な意味づけをする


感情、欲動、意思の領域でのさせられ体験、被影響体験

他者によって感情、欲動、意思が操作され、「させられている」と感じる


思考伝播

自分の考えていることが他者に伝わってしまうと感じる


・二級症状

統合失調症でみられるが、診断上それほど重要ではない症状(その他の幻覚、思考制止、観念奔逸、錯乱と困惑、強迫行為など)

 

<ブロイラーの4A>
統合失調症患者に必ず生じる症状です。

連合弛緩(思考障害)

感情障害(感情鈍麻)

アンビバレンス(両価性)

自閉


統合失調症の薬物治療は、中脳皮質系、辺縁系、黒質線条体、下垂体系がドパミンとどのような関わりがあるかを知っていれば、理解が進むと思います。
FullSizeRender


<薬物治療>

★定型抗精神病薬

非定型に比べると古く、副作用大

例:ハロペリドール

機序:ドパミン受容体阻害


効果:陽性症状↓


副作用:

陰性症状悪化

黒質線条体:錐体外路症状

下垂体系:高PRL血症 


ドパミン受容体阻害薬なので、
ドパミン↑の中脳辺縁系に効いて陽性症状を抑えます。
しかし、もともとドパミン↓の中脳皮質系にも効いて陰性症状悪化。
錐体外路症状や、ドパミンがPRLを抑制している下垂体に効いて高PRL血症を起こしてしまいます。


★非定型抗精神病薬

定型に比べると新しく、副作用は小さい

⇒第一選択

例:

リスペリドン(副作用:高PRL血症)

オランザピン(副作用:DM)

機序: 
様々な受容体に作用


<その他>

心理教育

病識を持たせる

電気けいれん療法

昏迷・興奮に対して

強制入院

 


今回は、統合失調症について書いてきます。
精神疾患のメインの一つですね。

ポリクリで精神科を回っていると必ず遭遇します。


原因

脳内ドパミン神経の異常(ドパミン仮説)

中脳皮質系:ドパミン↓ ⇒ 陰性症状

中脳辺縁系:ドパミン↑ ⇒ 陽性症状

症状 

<三大症状>

陰性症状(本来あるものがない:意欲喪失)

陽性症状(本来ないものがある:幻聴)

認知機能障害

<以下のうち2つが6か月以上>

①妄想

②幻覚幻聴

③連合弛緩(言ってることが意味不)

④緊張病症状(昏迷など)

⑤陰性症状



統合失調症は様々な異常が現れます。

思考、知覚、感情、意欲に分けて異常を考えると理解しやすいと思います。

★思考の異常
・内容の異常

一次妄想

(根拠ない)

妄想気分:「世界が終わる気がする」

妄想知覚:知覚したものに勝手に意味づけ「黒猫見た(現実)から世界が終わる」

妄想着想:思い付きを事実とする「...( ゚д゚)ハッ!俺はキリストの生まれ変わりだ」

二次妄想

(根拠ありそう、

ある程度理解できる)

誇大妄想:「私は神の力を持っている」

被害妄想:「財布盗まれた」



・過程の異常

(論理的に考えられず、言ってることが意味不)

連合弛緩<破裂思考<言葉のサラダ(意味不順)

思考の途絶


・体験様式の異常

(体験様式…自分が能動的に思考・行動しているという自覚)

(周囲との境界{バリア}がなくなった状態)

考想伝播:「考えが伝わる」

思考吹入:「あいつが殺せと思考を送ってきた」

思考奪取:「あいつに思考を盗られて何も考えられん」



★知覚の異常
幻覚・幻聴


★感情の異常

自閉的

感覚鈍麻:無関心、無感覚

両価性:アンビバレントな価値観「これは好きだけど嫌い」




★意欲の異常
緊張病性昏迷:脱走とか意味不な行動をしちゃう

こんにちは


こないだラジオを聴いていたら、面白いことを聞きました。

寝たふりをしている人のことを日本語では「タヌキ寝入り」と言いますが、

英語では「FOX SLEEP(キツネ寝入り)」と言うそうです。

タヌキ寝入りの由来は、
タヌキは臆病な動物で、驚いた時には倒れて一時的に気を失い、眠ったようになります。
昔からタヌキは人を騙すと思われており、この姿をタヌキが人を騙すための空寝と考え、「タヌキ寝入り」と喩えられるようになったそうです。

「FOX SLEEP(キツネ寝入り)」の由来は、
キツネが小動物を捕らえるために自ら死んだフリをするという習性からきているそうです。


タヌキとキツネって対義語っていうか、ペアのようなイメージ有りませんか?

そんな動物たちが、海を越えて同じ意味の言葉を表してるって考えると面白くありませんか?

破水とは、胎児を包んでいる卵膜が破れ、羊水が出てくることです。

破水と言っても、前期破水、高位破水などあって混乱しますよね。

場所と時期に分けて考えると理解しやすいと思います。

★場所

子宮上部

高位破水

子宮口周辺

完全破水

FullSizeRender



★時期

~陣痛

前期破水

陣痛~子宮口全開

早期破水

子宮口全開~

適時破水


FullSizeRender




高位破水では、羊水が流出が比較的少なく妊娠継続は可能ですが、
細菌感染を起こすことがあるので治療は必要です。

↑このページのトップヘ