偏差値28からの医学生

偏差値28だった医学生になった自分が、受験、医学勉強、雑学など書いていくブログです。

実習中の

先生とのコミュニケーション

の取り方、苦手な人も多いですよね。
IMG_7366


僕の同期に
先生とのコミュニケーションを
とても上手にとっている人がいるので、
コツを聞いてみました!



★「さしすせそ」の五原則
IMG_7367


同期曰く、まずは「さしすせそ」を完璧にしろとのことです。

  流石ですね!

手技とか知識量とか褒めろ!

知りませんでした!

分からない時はちゃんと言え!

すごいですね!

手技とか知識量とか褒めろ!(2回目)

折角ですが時間が...

帰宅時間に何か誘われたら断れ!

そうなんですね!

手技とか知(以下略)


とりあえず褒めろとのことです。
皆さん、やってみてください。
僕は出来ませんでした。

★実習に関係するものはこちら!

子宮頚がんの予防法として知られている

HPVワクチンですが、

男性にも使われるって事を知っていますか?
IMG_7359


子宮頸がんの原因となりワクチンで対策する

ヒトパピローマウイルス(HPV)

は男女関係なく感染します。

IMG_7360


このウイルスは子宮頚がんの他に

尖圭コンジローマ、喉頭がん、肛門がん

などの原因になります。


こういった疾患に対する予防法として、
男性でもHPVワクチンを打つ方がいらっしゃいます。


米国では男児への接種も推奨しているようです。


日本は、副作用疑惑問題などでHPVワクチンの普及が絶望的に遅れています。
早く普及する日が来るといいなぁ。

胃がんの99%はピロリ菌が原因だ

と知られるように
胃がんとピロリ菌の関係は強いものです。

IMG_7343



そんなピロリ菌ですが

日本のピロリ菌は胃がんになるリスクが高い

と言われています

IMG_7347


日本と同様にピロリ菌を持っている人が多い
欧米やアフリカ諸国の胃がんを患う人は、
日本と比べて非常に少ないです。


近年の研究では

ピロリ菌は、
病原性を持つcagAという遺伝子が作るタンパク質を
胃上皮細胞に注入して癌を起こす

と考えられています。
IMG_7345



欧米人から分離培養されるピロリ菌の約3割には、cagA遺伝子がありません


しかし、日本から分離培養されるピロリ菌のほとんどがcagA遺伝子を保有しています

★遺伝子の話で関係ある記事はこちら

地域によってピロリ菌の種類が異なり、
それにより胃がんの罹患率が変わるんですね。



ということで、
特に日本人はピロリ菌に感染していないかのチェックに気をつけましょう〜
IMG_7344

職業を限らない男女別生涯未婚率

男性20.1%
女性10.6%

です。
IMG_7331

世間一般では、男性の方が未婚のまま人生を過ごす人が多いです。


それでは
医師の生涯未婚率
はどうでしょうか?
IMG_7333




なんと医師の生涯未婚率は

男性医師=2.8%

女性医師=35.9%


男性医師の未婚率が少ない!
女性医師の未婚率が多い!


3人に1人の女医が生涯未婚
なんですね!
IMG_7332



男性医師の未婚率が少ない理由は、
経済的安定
が大きく影響しているようです。

IMG_7334



女性医師の未婚率が多い理由として大きく考えられるものは、


忙しい!
臨床研修、専門医取得など、
結婚適齢期は
医師としてキャリア
を積むべき時期なので結婚する暇がない

★女医で活躍した過去の偉人はこちら

「死の受容」のキューブラー・ロス


Apgarスコア」のヴァージニア・アプガー





経済的安定!
自分の収入で十分生活ができる経済的安定面があるので、男性に頼らずとも生きていける。
男性の結婚率が高い理由と同じなのは皮肉的ですね。

・妥協しない!
女性医師は経済的に男性に頼らずとも生きていけるから、妥協しない。
受験戦争や大学の厳しい勉強に耐えてきたため、自分に見合うと思える人がなかなか見つからない。


結婚が人生の全てではないし、選択肢の1つだと思うので未婚率が高かろうが低かろうが良し悪しは無いと思います。

ただ、一般と医師を比べた時、未婚率の差が生じるのは面白いなぁ。


参考:2012年『就業構造基本調査』(総務省)


手術するときの医師や看護師は、

青緑色の手術着を着ています。

IMG_7325


なぜオペ着がこの色か?

みなさんは知っていますか?

IMG_7326



これは

色の残像を軽減させるため

です。


ある色をずっと見ていると

視線をほかに移しても

その色の補色が見えます。

これは「色残像」といわれるものです。


手術中の医師や看護師は、血液や体内の臓器などの赤い色を見続けています。


ふと視線を上げた場所が白い色だと、
青緑色の残像が視野に現れてしまいます。


(赤色の補色は、青緑色です。)

IMG_7327



そんな残像がある状態で満足にオペできませんよね。


そのため、青緑色の手術着を着るようになりました。


また、

手術着だけではなく

手術室の壁や床にも、

青緑色を採用している病院が多いようです。


★手術に関してはこちらもどうぞ

家から遠隔手術できる時代が来るかも!

麻酔がない時代の手術はどうしてたの?

↑このページのトップヘ